第953回 勝浦川のアユ釣り&第2回アユつかみ取り大会in勝浦川!

勝浦川上流の福原大橋と製材所前で、3回目のカルチャーアユ釣り講座を19名で行った。今回は平日を選んでいるので他に釣り人も少なく、2カ所に分かれてアユを狙う。私は最初に福原橋周辺で今回が初参加で始めてのアユ釣りに3名が挑んだ。竿の伸ばし方や、仕掛けのセット方法、釣り方など説明や注意点など話しながら釣って貰った。

アユ釣りが始めてでも、ポイントとオトリが良ければ勝手にアユは掛かり、後はタモ入れだけである。始めての方が1時間半で3匹と四匹を掛け、対岸では早くも6匹釣ったと報告が入る。せっかく掛かってもハリ外れや根掛かりで苦戦を強いられる人もいた。最初から上手な人は居なく、経験を重ねる事で上手になる。

トラブルなどが発生しても近くに講師の方が居り、すぐに対応できるのも参加者は心強いだろう。この日のトップは20匹で二桁釣られた方が4名、6匹以上は十数名とまずまずの成果だった。アユ釣りにも慣れてくるとトラブルも減少しているようである。

7月30日は、4回目のカルチャーアユ釣り講座を勝浦川野上下流で行った。集合時間までに17名と遅れて来られた4名の21名で行った。私と講師の補佐の6名が万全のサポート態勢で指導をさせて貰った。釣り場の状況によっては釣れる差があると思われるので、入る場所を抽選して午前10時に釣り場を交代する事にした。やはり下流の方が好調でオトリを放して20分以内に竿を曲げた生徒は4名も居られた。

上の方でもすぐに掛かったものの、3連発のバラシでオトリが弱っていた。1匹でも新しいオトリになっていれば次から次に、元気な奴を取り込んでいたのに残念である。オトリにハナカンを通すのに時間が掛かり、アユを弱らす受講生も多く居て、今年始めたのかと思うほど上手くなった方もいた。

上流の方は遅れて来られた女性が、いきなり良型のアユを掛け元気なオトリで8匹も短時間で釣った。午後からはアユの追いも良くなり、釣れて無かった方も次から次にアタリが出た。トップは27匹と入れ掛かりが何度もあり、やはり釣ったすぐの元気なアユをオトリにすると上に良く泳ぎ釣れていた。十匹以上釣った人も多くて、少ない人でも5匹は掛けたようである。

次回、8月2日の講義で反省点や注意点など再度見直しをして、さらにアユ釣りの技術を向上してアユが釣れる様になるだろう。残り3回の実釣会を行う予定で、今年のアユ釣りを楽しんで頂きたいと思っている。

また同じ場所で、午前11時から勝浦漁協組合と小松島市の合同で【第2回アユの掴み取り大会】が行われた。アユの塩焼きやカキ氷が振舞われたうえ、参加費無料とあって申込者が多かった。抽選で小学生160名、幼児や保護者など大勢の皆様も参加され大盛況だった。昨年同様、今年もアユの掴み取りの後にアユ釣り体験の講習会を行い、抽選の結果6名の参加者が選ばれた。予想以上にアユが釣れ、見学の小学生からも参加したいといわれ急遽4名が10名で行った。全員にアユがかかり保護者や見学者の皆さんから声援や拍手があり、大いに盛り上がった。


YouTube Hachiro Channel
クリックすると元のサイズで表示します

野上橋の下で。

クリックすると元のサイズで表示します

竿が並ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します

初めてのアユを取り込む。

クリックすると元のサイズで表示します

親子で参加して頂いた。

クリックすると元のサイズで表示します

アユを掛けた。

クリックすると元のサイズで表示します

無事に取り込む。